HOME > 目の病気と井上眼科 > 涙道閉塞

目の病気と井上眼科

涙道閉塞

涙道閉塞とは

涙の道筋

涙腺から出た涙は、眼の表面を潤した後、まぶたの目頭側に開いた涙点より涙小管~涙嚢(るいのう)~鼻涙管(びるいかん)を経て鼻内へと流出します。

この途中で閉塞(へいそく)や狭窄(きょうさく)があると涙が流れずに、目にこぼれてしまいます。また、閉塞が涙嚢以降にあれば、目やにがでたり、涙嚢に膿が溜まってしまうこともあります。

page top

涙道閉塞の治療

治療法は病態・病状等により選択します。

チューブは上図のように涙道を確保するように留置され、涙がすみやかに鼻腔内へ流れるのを助けます。

1. シリコンチューブ留置術

内視鏡にて涙道内の閉塞や狭窄部を直接確認し、閉塞を解除してシリコンチューブを留置します。入院は必要ありません。チューブは術後3ヶ月程度留置し閉塞部が拡張したら抜去します。

2. 涙嚢鼻腔吻合術

涙嚢と鼻腔との間を直接つなぐあたらしい涙道をつくります。手術は入院が必要です。

page top