HOME > 目の病気と井上眼科 > 糖尿病網膜症

目の病気と井上眼科

糖尿病網膜症

糖尿病とは

糖尿病とは血液中の糖分(血糖)が多くなり(高血糖)、その結果全身の血管や神経が次第に冒されて、目や腎臓をはじめ全身のいたるところが障害される病気です。

健康な人では食事後膵臓からインスリンというホルモンが分泌されて、食物に含まれるブドウ糖をエネルギーに変換します。糖尿病ではこのインスリンの量や働きが低下してしまうため、血液中のブドウ糖が体内でうまく利用されず、高血糖になります。

高血糖が長期間続くと種々の合併症が起こり、その中でも三大合併症として恐れられているのが、網膜症、腎症、神経障害です。

目の合併症としては角膜障害、白内障、虹彩毛様体炎、外眼筋麻痺、網膜症などがあります。この中でも特に重要なのは網膜症で、日本における成人の失明原因の第1位になっています。

page top

網膜症とは

単純網膜症
単純網膜症
増殖網膜症
増殖網膜症

糖尿病網膜症は高血糖の持続によって網膜の細い血管が障害されることにより起こり、単純、前増殖、増殖の3段階を経て進行していきます。

網膜症の初期を単純網膜症といい、毛細血管の一部がこぶのように腫れる毛細血管瘤、点状・斑状出血、血管から血液成分がしみ出してできた硬性白斑などが現れます。自覚症状はありません。しかし、物を見る中心である黄斑部に病変が及ぶと視力が低下することがあります。これを糖尿病黄斑症といいます。

進行すると、網膜の細い血管が詰まり、網膜の一部に虚血状態が生じて増殖網膜症へ移行する危険な状態になります。この段階を前増殖網膜症といい、出血や硬性白斑が増え、虚血部分に軟性白斑、血管が拡張するなどの血管異常などが現れます。しかし、この段階も自覚症状はほとんどありません。

さらに進行すると、網膜の虚血を補うため、網膜に新しい血管(新生血管)が発生し、硝子体へと伸びていきます。新生血管が発生した状態を増殖網膜症といいます。

新生血管はとてももろく、容易に破れて硝子体出血を起こします。また新生血管とともに増殖膜が形成され、この膜が収縮すると網膜が引っ張られ、網膜剥離を起こします。

硝子体出血や網膜剥離が起こると、飛蚊症や視力低下などの症状が現れます。

page top

網膜症の治療

治療には血糖コントロール、薬物療法、レーザー光線による網膜光凝固、硝子体手術があります。

血糖コントロールは病期に関係なく、常に網膜症の治療の根本です。

薬物療法としては止血薬、血管拡張薬、循環改善薬などの投与が、ありますが現在確実に有効な薬物はなく、特に増殖網膜症に対しての効果は望めません。

網膜光凝固は網膜症の進行を抑えるために、主に前増殖および増殖網膜症の時期に行われますが、単純網膜症の時期でも黄斑症に対して行われます。

網膜症の進行を抑える光凝固も、硝子体出血や網膜剥離が起きてしまうと無効です。このような場合には硝子体手術が行われます。硝子体手術というのは特殊な器具を眼内に差し込んだうえで、手術用顕微鏡で眼内を直視しながら、混濁した硝子体を切除したり、増殖膜を切除して剥がれた網膜を復位させる手術です。最近は手術器具や手術手技の進歩により、手術の成功率も向上してきています。しかし糖尿病により既に病んでいる網膜や血管を修復させることは難しいので、手術が成功しても視力はそれほど回復しない場合もあります。

page top

糖尿病の患者さまへの注意

糖尿病は生活習慣病なので、生活習慣を改善してください。

糖尿病と診断されたら、定期的に内科を受診するだけでなく、必ず眼科も受診してください。これは内科で血糖のコントロールがうまく行われていても、網膜症が進行していることがあるからです。

そして眼科を受診して異常がなくても、その後も定期検診を受けてください。

page top