HOME > 目の病気と井上眼科 > 加齢黄斑変性

目の病気と井上眼科

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

まず、黄斑という場所の説明からしましょう。眼の構造はカメラと似ていて、物を撮影するフィルムに相当するのが網膜で、その中心にあってものを見るのに大切な細胞が集中しているところを黄斑といいます。ここが、じわじわと傷んでしまうのが黄斑変性という病気です。傷んで萎縮してしまうタイプと、そこから新生血管という悪い血管が生えてきて、出血を繰り返すタイプがあります。

page top

加齢黄斑変性はなぜ起こる?

加齢という言葉の示す如く、60歳以上の高齢者に多い病気で、老化と関わりがあります。日本人よりも欧米の白色人種に多いので、紫外線が原因とも食生活が 原因とも言われています。アメリカにおける最近の臨床研究では、喫煙者に有意に発症するという報告がされました。ストレスなどで誘発される活性酸素が障害の原因とも言われています。

page top

加齢黄斑変性の症状

蛍光眼底写真
蛍光眼底写真
眼底写真
眼底写真

診断に必要な検査は、視力検査、眼底検査、蛍光眼底撮影検査です。眼底検査では、網膜特に黄斑部を詳細に観察するための検査です。蛍光眼底撮影検査では、造影剤を前腕の血管から注射して、網膜とその裏側の脈絡膜の循環状態を調べる検査です。特に出血を起こす新生血管のあるタイプでは、この検査でその場所や大きさがはっきりわかります。

page top

加齢黄斑変性の治療

出血を起こす場合は、止血剤の内服で、その吸収改善を待ちます。新生血管のあるタイプでは、それが黄斑の中心より離れている場合はレーザー光凝固術による 直接凝固の適応になります。しかし、中心に近い場合は、レーザーで凝固することにより、逆に視力が低下することが多いので、この適応にはなりません。そこで最近では、特殊な薬剤を使用することにより、弱いレーザーでも新生血管を閉塞させることができるという画期的治療、PDTが行われています。レーザーの出力は非常に弱いですから、正常な網膜を破壊することなく、その裏の新生血管を治療することができるわけです。他にも、手術などの治療もあります。いずれにしても一度傷んでしまった網膜を元に戻すことはできないため、予防が大切です。抗酸化ビタミン(ビタミンC,Eなど)やミネラルを含む食品やサプリメントを一緒にとることが、進行予防に有効であるというアメリカの報告があります。早期発見、早期予防のため、定期的に専門医の診察を受けましょう。

page top