HOME > 目の病気と井上眼科 > 緑内障

目の病気と井上眼科

緑内障

緑内障とは

緑内障とは、眼圧(眼内の水圧)の上昇により視神経が圧迫され徐々に失われる病気です。通常、眼圧が多少高くても自覚症状には現れませんので気づかないうちに緑内障になられている患者さんが非常に多いのです。視神経が失われると次第に視野(見える範囲)が狭くなり、放置するとやがては視力も低下し、さらには失明にいたります。早期発見、継続治療により眼圧を下げることにより進行をとめること、あるいは遅らせることが唯一の治療法です。一度失われた視神経は 二度と生き返ることはありませんので、まだモノがよく見えるうちに治療を開始しなければなりません。見えなくなってから治療を始めても手遅れの場合が多いのです。

page top

緑内障はなぜ起こる?

眼球はゴムボールのような形をしていますが、中に内容物(大部分が水です)があり、一定の硬さ(眼圧)を保っています。この眼圧の正常値は 10~21mmHgです。眼圧を保つのに一番重要なのが、房水(目の中の水)の流れです。図をご覧ください。房水は毛様体で作られていますが、瞳孔を通って前房に入り、隅角(水の出口)より流出します。隅角からの水の流出が悪くなると、房水が前房にたまり眼圧が上がります。その状態が続き視神経に影響する 状態を緑内障といいます。

page top

開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障の二つがあります

緑内障には、先天異常によるもの、老化に関連して起こるもの、他の病気が原因で起こるものなどがありますが、大きくわけて開放隅角緑内障(水の出口が広くてもなる緑内障)と閉塞隅角緑内障(水の出口が狭いためになる緑内障)があります。

page top

開放隅角緑内障(水の出口が広くてもなる緑内障)

水の出口である隅角は開いているのですが、隅角にある排水路自身が目づまりを起こして水が外へ流れにくくなったために眼圧上昇を生じるタイプです。中年過ぎの人に多く見られます。初期では無症状のことが多く、また、眼の疲れ、かすみなどの症状を伴うことがありますが、老眼による疲れのためだろうと放置されることも多いため、健康診断や他の眼病で眼科医を受診して初めて気が付くことも多く見うけられます。気づいたときはすでに視神経が弱り、視野欠損がかなり進んでいる患者さんも大勢いらっしゃいます。

高眼圧により視神経が失われると次第に視野(見える範囲)に異常が出てきますが初期ではこの視野の異常は自覚されません。視野検査を行って初めて異常が検 出されます。視野の異常が自覚されるのはかなり悪化してからです。図のように徐々に視野が悪くなります。また特殊な開放隅角緑内障として正常眼圧緑内障が あります。

page top

正常眼圧緑内障(眼圧が低くてもなる緑内障)

開放隅角で、眼圧は正常範囲(21mmHg以下)であるにもかかわらず、視神経が老化などによって弱くなり、正常の眼圧にも耐えられなくなって徐々に失われていく緑内障です。開放隅角緑内障と同様の視野欠損を生じますが、特に視力の出る中心付近から視野が失われる場合が多く、この場合比較的早期から視力が悪くなります。緑内障の中で最も多いタイプ(有病率は40歳以上の成人の2%以上)といわれていますが、進行するまでは自覚症状が出ないためほとんどの方 が病気に気づかず放置されているものと思われます。他の病気の治療のため眼科を受診した際に眼底検査を受け初めて発見されることが多いようです。この病気 の診断をつけるためには、視神経に障害をおよぼす可能性のある他の病気が頭の中にないことを脳神経外科でもCT検査により確かめることが必要です。

page top

閉塞隅角緑内障(水の出口が狭いためになる緑内障)

このタイプは、遠視気味の方(若いころから近視がなく、「眼がいい」と思われてきた方)に多くみられます。遠視気味の方は生まれつき眼球の前後の長さ(眼 軸)が短いことが多く、このため、歳をとるにつれ前房が浅く隅角が狭くなることが多いのです。以下に述べる急性型と慢性型があります。

page top

急性型

発作的に眼圧が正常の3倍から5倍にも上昇し、激しい頭痛、吐き気といった症状が出ます。このときは眼の痛み、かすみ、あるいは虹視(電灯の明かりをみた ときに回りに虹が見える)といった眼の症状も出るのですが、他の症状に気をとられ、内科や脳外科を受診して手間取り、気づいたときには失明ということさえあります。発作のとき眼を開けさせると真っ赤に充血し、角膜は濁って瞳が大きくなっています。この場合、一刻を争いますので、すぐに処置の受けられる眼科医を受診してください。大発作の前兆として、軽い頭痛、眼の重苦しい感じ、かすみなどの症状が見られることもあります。

page top

慢性型

閉塞型でも発作を起こさず徐々に眼圧が上がることも多く、この場合にはほとんど自覚症状は出ません。このためかえって発見が遅れ、症状が悪化している場合 が多くみうけられます。若いころから近視がなく、「眼がいい」と思われていた方も40歳以降は数年に一度は眼科でチェックをしておくべきでしょう。

page top

緑内障の治療

開放隅角緑内障

眼圧の程度によりますが、初めは点眼薬で眼圧のコントロールをします。それでも下がらないときは内服薬を飲みます。薬物療法によっても眼圧が充分下がらないとき、あるいは眼圧がある程度下がっていても視野の悪化が止められないときに手術します。手術をしても視力や視野は回復しませんので、手遅れにならないようにすることが大切です。

閉塞隅角緑内障

急性型の発作時はピロカルピンの点眼、高浸透圧剤の点滴静注ですぐに眼圧を下げ、落ち着いたところでレーザーによる虹彩切開をします。慢性型の場合もレー ザーによる虹彩切開をして隅角を広げることがまず第一に必要です。いずれの場合もレーザー虹彩切開をした後も眼圧が高いときには開放隅角緑内障と同じような治療が必要です。また閉塞隅角になりやすい眼の状態も診察でわかりますので、この場合も予防的にレーザー虹彩切開を行うことをお勧めいたします。まだ単 に隅角が狭いだけの状態であれば、レーザー虹彩切開さえしておけば緑内障にならずにすみ可能性が高いのです。ただ、この場合もレーザーで開けた水の通り道 がふさがっていないかどうか定期検査でチェックを続けることが必要です。

一般的に点眼薬や内服薬は、医師の指示に従い正しく使用し、通院の指示をしっかり守ってください。症状がはっきりしないからと勝手に薬の使用や通院をやめたり、薬だけ使っていれば大丈夫と素人判断でやっていると、その間に病気が進行することが多々あります。取り返しのつかないことにもなりますのでご注意ください。 基本的に緑内障は、いかなる治療や手術をしても完全に治癒することはありませんので、一生にわたり定期的な通院治療が必要です。

page top

生活上の注意

  1. 肉体的、生理的に過労をさける
  2. 禁煙が望ましい
  3. アルコール、水分、カフェイン、(コーヒー、紅茶、緑茶)などは適量であれば眼圧に影響はありません
  4. 食事も特に関係ありません
  5. 適度な運動などもかまいません
  6. 緑内障では注意、と書かれている風邪薬、安定剤、睡眠薬や。胃の検査時に使用する薬は、閉塞隅角緑内障の人への注意で開放隅角の人にはほとんど当てはまりません。閉塞隅角緑内障の方でもすでにレーザー虹彩切開や手術を受けられた方は使用しても問題のない場合が多いので、担当医にお尋ねください

page top