HOME > 目の病気と井上眼科 > 網膜剥離

目の病気と井上眼科

網膜剥離

網膜剥離とは

眼底にはカメラでいうとフィルムにあたる網膜という膜があります。この網膜は図1のように硝子体というゼリーのようなもので、ぴったりと眼底に押しつけられています。網膜剥離とは、この眼底から網膜が剥がれ、図2のように浮き上がった状態をいいます。

page top

網膜剥離はなぜ起こる?

網膜剥離には糖尿病などで起こる牽引性や、葡萄膜炎などでおこる浸出性のほかに、一番頻度の高い裂孔原性があります。図2の硝子体は加齢と共に液化部分が増えていきます。また、加齢と共に硝子体は図2のように縮んで網膜との間に隙間ができます。この隙間には、液化硝子体が貯まります。硝子体が網膜と強く癒着している部分で網膜が破れて穴ができます。穴が開くだけでは網膜剥離は起こらないこともありますが、網膜を内側に引っ張る力がかかりますとこの穴から液化硝子体が網膜下に入り込んで剥離が起こります。これが裂孔原性網膜剥離です。

page top

網膜剥離の症状

初期には、飛蚊症といって、眼前に黒いゴマを散らした感じがしたり、蚊が飛ぶように見えたりします。また、髪の毛がぶら下がったように見えるときもあります。また、光が見える光視症もあります。剥離が進行すると、視野の欠損を自覚するようになります。

page top

網膜剥離の治療

網膜剥離は薬物では治療できません。手術が必要になります。

1. レーザー治療

穴ができたばかりで、剥離が起こっていない時には、レーザー光線で穴の周囲の網膜を凝固するということで、剥離を予防できる場合があります。

2. 手術による治療

冷凍凝固などで強膜(眼の外側の壁)から網膜の穴の周囲を凝固して(図3)、穴の部分に相当する強膜にシリコン樹脂を当てて、網膜を内側にむけて隆起を作り、剥離した網膜をくっつけます(図4)。また、穴が大きかったり、多発であったり、シリコンを当てるには奥すぎたり、硝子体の内側に引く力が強い場合は、眼球内に器具を入れて、眼球の内側から直接網膜を引っ張っている硝子体をできるだけ切除し、眼球内にガスを入れて網膜を内側からつける硝子体手術を行うことがあります。

page top