HOME > 目の病気と井上眼科 >屈折矯正手術(レーシック・フェイキックIOL手術など)について

目の病気と井上眼科

屈折矯正手術(レーシック・フェイキックIOL手術など)について

屈折矯正手術について

屈折矯正手術には、日本でも普及が進んでいるレーシック手術などのエキシマレーザーを使用した手術や、眼内にレンズを挿入するフェイキックIOL手術などが上げられます。
いずれも眼鏡やコンタクトレンズを使用せずに、手術により近視・遠視・乱視といった屈折異常を矯正します。
病気の治療のための手術とは異なり、眼鏡やコンタクトレンズから解放されることでQuality of Life(QOL/生活の質)を向上するための医療です。

眼科専門病院ならではの屈折矯正手術

これらの手術は比較的短時間の施術ですが、大切な目の手術です。日本眼科学会の屈折矯正手術ガイドラインは、施術者について

  • 日本眼科学会認定の眼科専門医であること(必須条件)
  • 角膜・水晶体を含む前眼部の生理や疾病ならびに眼光学に精通していること(必須条件)
  • 施術に際しては、日本眼科学会の指定する屈折矯正手術講習会、および製造業者が実施する講習会の両者を受講すること

と定めています。 当院での屈折矯正手術は、この条件を満たした医師が、手術はもちろん、手術が適応となるかの判断、手術後の検診を行います。また、一生を共にする目のことですから、生涯のことを考えても、あらゆる眼疾患に対応できる病院を選ぶことも大事なポイントといえます。

また、当院は、大学病院と眼科専門医が協力しレーシックをお考えの方が安心して手術を受けられるように情報提供などを行っている 「安心LASIKネットワーク」の会員であり、こちらで定める「安心の条件」を満たした医療機関です。

当院で行っている術式

当院で行っているエキシマレーザーを使用した手術の術式について説明します。

LASIK(レーシック)

まず、フェムトセカンドレーザーを角膜実質層に照射して、フラップと呼ぶ均一な厚さのふたのようなものを角膜に作ります。そのフラップをめくってエキシマレーザーを照射し、角膜の形状を変えて近視・遠視・乱視を矯正します。最後にフラップを戻して終了です。痛みが少なく視力も早期に回復します。
角膜の薄い方や、格闘技などの眼に強い衝撃が加わる可能性のあるスポーツをされる方には適しません。

PRK

レーザーがあたる部分の角膜上皮をはがしたあと、角膜実質層にエキシマレーザーを照射します。剥離した角膜上皮が再生するまでの3~7日間はコンタクトレンズを装用します。
手術中の痛みはほとんどありませんが、術後2~3日はLASIKに比べて強い痛みを感じます。また、視力の安定に数週間~数ヶ月を要します。角膜が薄い方や、格闘技をする方も適応になります。

page top