HOME > 目の病気と井上眼科 > 白内障

目の病気と井上眼科

白内障

白内障とは

白内障とは、ひとみ(瞳孔)のうしろにある水晶体(カメラのレンズに相当するもの)が白く濁ってくる病気です。濁りが増すにつれて視力は少しずつ弱くなっていきますが、充血したり、痛んだりすることはありません。また、伝染性もありませんから、ご家族の方に感染する心配もありません。

page top

白内障はなぜ起こる?

白内障には生まれつきのものや外傷によるもの、あるいは糖尿病などの全身的な病気によって起こるもの、ぶどう膜炎のような目の病気のために起こるものなど があります。しかし最も多いものは老人性の白内障で、白髪や老眼と同じように、老化現象として起こります。この老人性の白内障がなぜ起こるかは、まだよくわかりません。しかし年をとると体内の代謝、特にアミノ酸の代謝が正常に行われにくくなり、そのために生じた物質が水晶体の蛋白質を変化させるために、水晶体が白く濁ってくると言われています。

page top

白内障の症状

本などを読んでいると眼が疲れる、人の顔がぼんやりとかすむ、老眼鏡をかけてもはっきり見えない、こういった症状が白内障の始まりです。病気進行すると視力が次第に低下し、ものがはっきりと見えなくなってきます。さらに進行すると、眼の前に出した指の数もわからなくなり、ついには明るさも暗いといったことしかわからなくなります。しかし、濁りの進み方は人によってまちまちで、比較的早く進行する場合もあれば、ほとんど進行しないこともあります。

page top

白内障の治療

白内障の初期には点眼薬などを用いて治療をすることがあります。しかし、これはあくまでも進行をゆっくりにするのが目的で、治療によって視力が回復することはありませんし、白内障の進行をとめることもほとんどできません。白内障が進行して、視力が低下して日常生活に支障ができた場合は手術が行われます。手術は白く濁った水晶体を除去し水晶体に代わる人工のレンズを眼の中に挿入します。

page top

手術時期

白内障は適切な治療をしていれば、そのために失明することはありません。次第に視力は低下していきますが、手術によって視力を取り戻すことができますか ら、白内障と言われても心配しないでください。
ただ、気をつけていただきたいのは、手術には時期が大切だと言うことです。あまり放置して、手遅れにならないように気をつけてください。白内障の手術の時期は、患者さんの年齢や仕事、ライフスタイルによって異なります。生活することが不自由になったら手術する ことが原則としています。したがって40、50代の方は、仕事に差し支えが出たら早めにするほうが良いでしょう。手術は日帰り、または入院で行います。手術は局所麻酔といって、眼だけ麻酔をかけます。手術中はとくに痛いことはなく、少し重い感じや、しみる感じがする程度です。当院では白内障手術は一年に 6600眼も行っています。手術後は主として眼内レンズを使用します。

page top

診察は早めに

白内障は心配する病気ではありません。しかし、40歳を過ぎて目がかすむ場合は、白内障以外のもっと他の病気の可能性もありますので、できるだけ早く眼科医の診察を受けるように心がけてください。

page top